HOME - REVIEW - EVENT REVIEW -『生きて生きて』/ vivid undress

REVIEW

『生きて生きて』/ vivid undress

UPDATE : 2015/06/12

『生きて生きて』/ vivid undress

発売から1ヶ月が経った現在も好調なセールスを記録し続けるvivid undressの1st mini album『Unveil』より第2弾MV”生きて生きて”が遂に公開!

2014年3月12日結成。 別々に音楽活動をしていたメンバーが出会い、結成された下北沢を拠点とする5人組“J-POP突然変異型ROCKクインテット”としてシーンを席巻する彼女らが、産声をあげた場所ははまさしくNEWScriptと言っても過言ではない。1年余りの活動という短い時間の中で、驚くべきスピードで成長して来た彼女たち。それを世に知らしめる映像作品だ。

vivid undressとは何ぞや、という事を問われれば、自分はこう即答する。『センスとアイデアの集合体』。そんな彼女らのアイデンティティは映像としても十二分に発揮されている。
冒頭のタブレットをフリックするイントロダクションからスタートするこの作品は、その10秒余りでvivid undressというバンドのイメージをリスナーに伝えるインパクトを持つ。複雑だが難解ではない、近代的だが画一的ではない、大衆性を持ちながら誰にも真似が出来ない。相反する要素を全て成立させるセンスとアイデア。それをどんな言葉よりも雄弁に語るのがこの”生きて生きて”のMVだ。

自分がレビューするのはこの作品の最初の10秒間で充分だ。「この曲はこれで終わりだよ」で解ける3分間の魔法をそれぞれのリスナーが自らの目と耳で感じ取って欲しい。そして自らの足で彼女たちのライブに足を運び、 その魔法を体感して欲しい。2015.08.13 [Thu] LIVEHOLICで開催される”Unveil” release tour FINALではさらなる飛躍した彼女たちが見れるはずだ。