HOME - INTERVIEW - NEWScript Fest 2014-DAY2-

INTERVEW

NEWScript Fest 2014-DAY2-

UPDATE : 2014/08/23


船津陽史(from the irony) / 園木邦宝 (from GLAMSLUM) / 庄司健太郎 (from Insane) / 唯 (from FINE MOTION)

NEWScriptがこの夏に送る一大フェス 『NEWScript Fest 2014』!23日の初日に引き続き、NEWScript立ち上げから出演している4人に集まって貰い、今回はズバリNEWScriptとはなにかというところを語ってもらった。「NEWScript fest」という一大イベントを目前にNEWScriptと深い関わりを持つ彼らだからこそ語れるものとは---

同じステージを通じて一緒に育ってきたっていう意識があると思うんです。

-今日は『NEWScript Fest 2014』2日目に出演するバンドから船津陽史(from the irony) / 園木邦宝 (from GLAMSLUM) / 庄司健太郎 (from Insane) / 唯 (from FINE MOTION)に集まってもらいました!今日はよろしくお願いします!

一同 「よろしくお願いします!!!」

– 今回はNEWScript fest のインタビューということで、4人ともそれぞれのバンドでNEWScriptの立ち上げ時から対バンを繰り返しお互い切磋琢磨してきて今回の NEWScript festというものに望むと思うんだけど、今回はNEWScriptとは?っていうところについて色々聞ければなと思っています。
各バンド活動して行く中で、ホームのライブハウスができてきて。そこのライブハウスのバンドみたいなイメージになるじゃない?そういうところのメリット、デメリットっていうのはあると思うんだけど、そういうことに対してはどう思う?

庄司(以後S) 「身近に仲間がいて一緒に頑張ろうというモチベーションになるし、一緒にイベントやれたりそういったところはいいところだと思います。
ただ、同じところでいつも同じバンドと一緒にやってても外を知らなくて世界が狭くなってしまうと思うんです。外にいくともちろんもっとすげーバンドがいますよね。そういうのを見れなくなるとダメだなと思います。」

-ホームだけじゃなくて外でもやらなきゃってことだよね。

S「ここでやることにすごく意味はあるし、お互い切磋琢磨できると思うんだけど、その中で終わっちゃだめだと思いますね。」

-ReG内で感じはどう思う?はっきり言ってなれ合いとかそんな感じはある?

園木邦宝(以後T) 「それは思ったことないですね。(ガラガラ声)」

S「声ガラガラ(笑)」

船津陽史(以後A) 「えっ、誰?(笑)」

一同 「笑」

S 「みんな遠征とかガンガンやっているし、ここの中だけで完結している訳ではないと思います。ここだけで集まって楽しくわいわいっていうのではないですね。外で培ったものをまた中に持ち込んで行ければいいと思います。」

A 「元々、今ここでの一緒にやっている仲間たちは出会った頃は今みたいにいろんなところで活動している感じじゃなくて、同じステージを通じて一緒に育ってきたっていう意識があると思うんです。だから仲間意識っていうのは結構あるんじゃないかなと思いますね。」

唯 (以後Y)「いろんなライブハウスがいていろんなバンドがいるから一概には言えないけど、俺の認識としてはここNEWScriptでしっかりできないとどこに行っても通用しないだろうなっていう一つのはハードルとしてはまずはここでお客さん、バンドマン、スタッフを頷かせるバンドにならないとなと思いま す。」

-いろんなライブハウスに行くといろんなグループがあると思うんだけど、そこについては?

S 「NEWScriptっていうのは看板があって某M氏という舵をきる人がじゃないですか。他のところはもう少しふわっとバンドが集まっている印象があるん です。けど、こうやってイベント制作グループとしてなにかをしていこうという意思を持った人がいるかどうかが違うと思いますね。」

Y 「NEWScriptの面白いなって思うところはアイディアがあるなっていうところですね。イベントにしてもそうだし、各バンドにあわせた活動とか提案し てもらうこともあるし、そのアイディアでそれぞれのバンドが同じような活動じゃなくてそれぞれの音楽性とかにもリンクしたようなそれぞれのもっている良 さって言うのが確立されていっているのかな?と思って。」

-あと2人は?

A&T 「・・・」

-苦手?笑

一つ大きい看板の下で気の知れた仲間同士でガチンコでやり合うっていうのはめちゃくちゃ面白いと思う。

-fesって基本的にはもっと大掛かりで横のつながりがどうのこうのじゃなくて音楽っていう大きな括りとして楽しむものじゃない?
けど、今回のNS festっていうのはそれに比べるともっともっとコンセプトのあるイベントじゃん。
fesで「みなさん楽しんで行きましょう!!いえいっ!」っていうのだけじゃなくて、ここでやってる奴らがそのまま上がって行くようなイベントにしていければと思ってるんだよね。

くくられることについてみんなはどうなのか?

T  「いいことだと思います。なにかに属するっていうことは必要だと思うし、バンドのメンバーの一員だっていうことも所属しているっていうひとつ看板を背負っているわけだし。
ホームっていうのもみんなシナジーを感 じて集まっている訳だし、俺らもお互い顔見知りでどういう人間かもそこそこ知っていて、みんな思いを持ってバンドしているのも知っているし、今回のNS festもなあなあに呼ばれている訳じゃないっていうのもみんな感じていると思います。
そういう意味では一つ大きい看板の下で気の知れた仲間同士でガチンコでやり合うっていうのはめちゃくちゃ面白いと思う。」

A  「括られることっていうのは大事だと思うんです。けど、逆に。括られるっていう所について、なんかそういう風にできているグループっていうのには外からしたら入りにくいっていうのはあると思う。でも、それでいいんだと思います。仲間で作って行くっていうところ」

-まとめるっていうことに対してそういうのを嫌がる奴と好きな奴っていたりするよね….

A 「勝手に上から括られるっていうのは多分嫌なんじゃないですか?けど、俺らの場合はお互いいつの間にかシナジーが生まれて自分らの意思で集まってて」

S 「で、そのどういう団体にもよるんですよね。さっき宝も言ってたけど、看板を背負うっていうことじゃないですか。その看板がどういう看板かっていうのは重要なんだと思います。」

・・・・・・・・・

T 「やばい……終電が。」

-マジ!?

一同「えっ、終電。笑」

A 「ダメじゃん。あと4分じゃん。」

-4分じゃ無理じゃね??

T 「じゃあ、もうあきらめます。」

S 「家どこだっけ??」

T「俺、○○なんで…..」

S 「帰り送って行こっけ??」

T 「まじっすか!!!!」

S 「まだ近くでレコーディングやってるんだけど、」

T 「待ちます!!!!!」

A 「このくだり全部のるよ!!笑」

一同 爆笑。

文字通り切磋琢磨してきてそれがfestっていう形になっただけだなっていう

-一通りどういう思いか聞けたと思うんだけど、もう少し掘り下げて行きたいんだけど、NEWScriptの特色みたなものって感じことってあったりする?

S 「やっぱり、ふわっと集まっていないって言うのはありますよね。」

T 「それは確かにね。それこそNEWScriptっていう明確なものがあるしね。」

A 「でもあれね。現に離れて行った奴も見てきたし、お前ら本当に最初っからいるよなっていう奴もいたりして。それこそこの前the ironyで一緒にイベントやった「Good-bye,Lilly」とかここにいるみんなもそうだし本当に同期だと思えるバンドがいるんですよ。 NEWScriptっていうものが本当に立ち上げの時から一緒にやっていて、文字通り切磋琢磨してきてそれがfestっていう形になっただけだなっていう括られているどうのじゃなくてすごく自然な流れだなっていう感覚ですね。」

-なるほどね。それは理想的な形だね。俺らとしてもバンドにとって帰ってくる場所でありたいなっていうのは思っていて。それぞれが各地で大暴れしてとんでもなくなって戻ってくるような場所になればっていうのは理想には掲げてるんだよね。

-各バンドのファンがいると思うんだけど、最近NEWScriptのイベントのでよく顔見るお客さんもいるのかなっていうのは感じてるんだけどバンド側からそういう印象ってある?

A「もう既に結構いますよね。いつもいるよねっていう顔もよく見ますね!」

-そういうのってライブハウスとしてあるべき姿だと思うんだよね。

S 「良かった時期のライブハウスですよね。」

-そうそう。遊びにきたら知らないけどいいバンドがやっているっていう。各地で最近なんかそういうのも減ってきているような印象を感じるんだよね。

-それぞれ今までずっと一緒にやっているとは思うんだけど各バンドに対する印象とか聞いてみようかな?

T 「さっきもちょっと話していたんですけど、最近ああいうところでやってるらしいじゃんとかっていうのは絶対にあって。すぐそういう話が出たり。Twitterとかで見るじゃないですか。おっ、やってる!!みたいな。」

-気にはしてるんだね。

T 「そうですね。「そういう活動ね。」みたいな。」

-なるほどね。

T 「でも、そういう話ができること自体がいい関係ができてるんだなって思いますね。」

-みんなそういうの気にするの?

A 「まあ気にはなりますよね。」

-そうなんだ。

A 「最近で言うとNEWScript festの1日目に出るvivid undressの渋谷展開ですね。急にすげーな!!みたいね。」

一同 「ね−!!」

A「 そのバンドの飛躍がうれしい気持ちももちろんあるし、FINE MOTIONもデルタもそうですし。なんか他のライブハウスで一緒にやるバンドよりやっぱり距離が近く感じてて、けど、その中にライバル心っていうものもありますね。」

S 「その通りで。確かに人対人っていう所では近いんですけど、その分「絶対こいつらには負けねー」みたいな。 それぞれのバンドに絶対負けない。っていう思いは多分みんな思っていて、だからこそライバルだけど仲間だし、そんな身構えずにみんなと一緒に入れるっていうのもありますね。」

-唯は気にするの?

Y 「まあ気にしますよ。」

T 「インターネット社会だしねー。笑」

Y 「ここでやっているバンドの隊長たちが集まっているようなイメージなんで、だから他の軍に負けられないなっていう感覚はありますね。ジャンル縛りでない分それぞれの畑で強くなってきてまたこういうFESで集まってやれるっていうのが面白いですよね。」

ざっくばらんに語られたそれぞれの活動とバンド観、そしてそれが交わる場所としてのフェス。あくまで同じ時間と場所を共有する仲間であり、ライバルである彼らの素直な言葉が聞けたインタビューになった。きっと8/24のイベントもそんな彼らの虚飾のない素直な音がぶつかり合うはずだ。気負うでもなく、でも、絶対に負けたくない。そんな奇妙な括りがここにはある。ジャンルではない、ひとつのアティトゥードとしてのNEWScript Fest。この夏はこれを体感しなければ終われない!括目して待て!!