HOME - INTERVIEW - NEWScript Fest 2014-DAY1-

INTERVEW

NEWScript Fest 2014-DAY1-

UPDATE : 2014/08/23


kiila(from vivid undress)/伊勢山裕太(from RISING CONTRAST)/須藤研太(from Furphy Amplifier)

NEWScriptがこの夏に送る一大フェス『NEWScript Fest 2014』!この初日を飾る主要3バンドのキーマンが一堂に介しその意気込みを語る。それぞれが精力的に活動しながらも、ミュージシャンとして交差する機会は決して多くはなかった彼ら。『NEWScript Fest 2014』に向ける彼らの想いとは―――

顔見知りみたいなところからスタートしてその付き合いは長いかも

-では、『NEWScript Fest 2014』に向けてっていうことで初日8/23に出演するバンドからkiila(from vivid undress)、伊勢山裕太(from RISING CONTRAST)、須藤研太(from Furphy Amplifier)に集まってもらいました!今日はよろしくお願いします!

一同「よろしくお願いします!」

-この三人って結構絡みあるんだっけ?

須藤(以下須)「絡みは・・・そうですね」

Kiila(以下K)「タイバンとか・・・」

-この3バンドでがっつり、ってのはない感じかな。でもそれぞれがタイバンしたり、色んな場所で絡む機会があったりみたいな。

k「そうですね、この3バンドで、っていうのはなくて今回初めてで(笑)」

伊勢山(以下伊)「本当にそれぞれが、って感じで」

-まぁフェスってことなんで、お互い認識しながらもがっつりいつもタイバンしてるところとは違うメンツが一堂に介するってのは一個醍醐味だとは思うんだよね。それぞれのバンドの印象とかってあったりするの?

伊「vivid undressはバンドとして活動する前から観た事はあったんですが、やっぱり歌が上手いな、っていう。声が独特で。それが第一印象。Furphy Amplifierはイベントに呼んでもらって。俺らみたいなもんが(笑)」

-なんでそこでそんなに謙虚なんだよ(笑)

伊「(笑)名前はちょくちょく聞いていたんですけど・・・、その前に後輩のバンドのイベントで観てたんですよ。the ironyのイベントかな?で、打ち上げまで行って。それでVO.Gの野上くんとかと喋ったりして。で、ラーメンの話とかしてたよね?」

須「あーあーあー!」

伊「それで『海老のおかしら事件』とかがあって。」

-なんだそれ!

須「海老のおかしら事件っていうのは・・・某怖い、the ir●nyというバンドがおりまして。そのGの怖い人。」

伊「イケメソのアニキ」

須「そのイケメソのアニキが(笑)で、the ir●nyのDrの伊織さんに飲みの席で無茶振りで『研太がアニキと勝負したいらしいよー!』って流れになってアニキが『やんのか?』ってなって。」

-嫌な予感しかしないね。それは飲みの勝負ってこと?

須「いや、刺身の盛り合わせについてる・・・ラケットみたいなのわかります?木の棒の。あれを手に持って『勝負してください!』って。めっちゃ怒られたんですけど。」

-茶番!

須「ノリで、ですけど(笑)で、アニキも笑いそうになってるんですけど、で作戦会議とかして。」

伊「須藤のビビリ具合半端じゃなかったですけどね(笑)」

須「その一連、諸々あったんですが、海老のおかしら事件と呼んでまして。まぁ、RISING CONTRASTとの第一印象はそれですね。」

-ここを掘り下げても、って感じはするんだけど、何で海老のおかしら事件って名前なの?

須「アニキが海老のおかしらを指差して、『おう、研太!これ何だ?』って聞いて来るんですよ。」

-それも、大概だな。

須「で、僕が『わかりません』っていうと、『これはなぁ・・・海老のおかしらって言うんだよ!・・・食え!!』って。それで無理やり海老のアタマだけを食わされるという。」

-あのね、先輩とはいえ怒っていいと思うよ。でも、23日に出るバンドだとFurphy Amplifierが最年少になるのかな?Kiilaはこのあたりのバンドとはどういう絡みだったの?

K「え、うーん。」

須「打ち上げの受付とかしてくれてて、ビールくださーいって、それが始めてですかね?」

-はじめて研太を認識したのはそのとき?

K「うーん、わかんない」

-印象に残ってないってよ!

一同「(笑)」

K「あ、でもモヒカンじゃなかった?」

須「はい、モヒカンでした・・・」

K「そういう感じです(笑)」

-そういった意味でKiilaに関してはバンド同士としての絡みってとこじゃないところから結構スタートしてるよね。

K「そうですね、顔見知りみたいなところからスタートしてその付き合いは長いかも」

伊「アーティストとしての絡みっていうのは、ほんとつい最近ですよね。どんな音楽聴くんですか?みたいな会話も逆に本当につい最近はじめてしたかも。」

-まぁ、でもそんなかしこまった話ってなかなかしないよなぁ。

K「あ、そういえば今回のフェスで女性voって私だけなんですよね」

-あ、そういえばそうか!

K「だから、なんかすごく・・大丈夫かな?って」

-怖いな、って?(笑)そういえば随分暑苦しいフェスではあるよね。男が多い!

伊「むさいですね・・・」

K「逆に、いいんですか?私たち、って(笑)」

伊「むさいなかに華として(笑)」

須「僕は中世的な顔立ちをしてるので、なんとも言えないですね。」

-あ、おまえのその発言はカットするから。

一同「(笑)」

『あれ?かっこいいじゃん!』みたいな発見。これは大きいですよね。

-そういえば、こういうフェス的なイベントって今まで出たこととかあるのかな?

伊「オレは地元が茨城なんですけど、先輩が野外フェスやりたいって言って。ほんと手作り感満載のやつですけど、ステージもビールの空ケースたくさん集めて。それで、スケーターとかも集めて、メロコアバンドを集めてって言うAIR JAM的な。それで、おれはそのときはベースだったんですけど、当時のバンドのvoが熱射病になるという(笑)」

-そうか(笑)でも野外やってみたいよね、NEWScriptでも。須藤は野外とかは?

須「ありますよ。コンテスト的な奴なんですけど。高校生のころ。高校生ってめちゃ簡単にロッキンとか出れる方法があるんですよ。」

-え?なにそれ?

須「Teen’s ROCKって言うんですけど。それに出て。まぁ野外の似合わなさたるや、半端じゃなかったんですけど(笑)」

K「確かに似合わなさそう(笑)」

須「しかもタイムテーブルとかすげぇ滅茶苦茶だったんですよ。演奏15分、転換2分っていう。」

一同「え!!」

伊「それ、無理でしょ・・・」

-そのタイムテーブル組んだやつ、完全にアホだよね。

須「まぁステージ機材はもちろん使い回しですけど、ベースアンプがなぜかマーシャルだった・・・。」

-それは出身の群馬でじゃなく。

須「ひたちなか海浜公園ですね」

-Kiilaは野外とか、フェスとかは?

K「私も高校生のころ、軽音部で。大きい公園で、代々木公園みたいな。学生ばっかりで。」

-へぇ、結構タイバンとかお客さんもたくさんで?

k「いや・・・普通のブッキングライブを外でやりました、みたいな(笑)」

-まじか!超赤字じゃないの、それ(笑)でもNEWScriptで野外はやりたいなぁ。下北沢で野外とかだとなかなか難しいみたいだけどね。

伊「代々木公園とかでやりましょうよ!」

-そうね!RISING CONTRASTのイベントを次野外でやろうか!

伊「なんで俺らのイベントなんすか!(笑)」

K「そしたら私たち出たい(笑)」

-そういえばお客さんとしてそういうフェスに行ったりとかもあったりする?

伊「サマソニとかは行きましたね。THE MAD CAPSULE MARKETSがめっちゃ好きで。観に行きましたね。ただ、ロッキンは地元茨城で超近いんですけど・・・出演者で出るって拘りがあるんで、それは一回も行った事ないです。」

-オレがロッキン行くときは出るときだ!と!

伊「自分の洋楽志向が強かったみたいなとこもありますけどね。Slipknotがこっちのフェスで出てますよ!みたいな(笑)」

-フェスとかの一番の良さってどんなところだろうね?

伊「やっぱ醍醐味って目的のバンドだけじゃない、ってとこだと思いますね。正直、観たいバンドがもちろんいて・・・その中で別にこのバンドはいいか、って思ってたバンドも出ている中で、時間が余ったりするわけじゃないですか。それで普段見ないようなバンドを友達の付き添いで観たりする機会もあったりで。そこで『あれ?かっこいいじゃん!』みたいな発見。これは大きいですよね。」

-このNEWScript Festでもそういう発見がたくさん生まれてほしいとやっぱり思ってるよね、やっぱり。Kiilaとかはフェスの思い出とかあったりする?

K「私は・・・良さより悪さってところが。」

-出た!逆にそういう意見とかも欲しいかも!

K「いや(笑)フェスって好きな時間に好きなアーティストを見るような感じじゃないですか。だから、私がやってるときにさーっと人が居なくなったらどうしよう、とか(笑)」

-そういう心配か!

伊「あーでも分かるよ(笑)」

K「(笑)人気バンドなら入場規制かかったりして観れないお客さんが居たらどうしよう、とか言うのもあるけど。」

-観に行く側としてはどうなの?サマソニとかはいったことあるんだっけ?

K「そうですね、サマソニとか。オズフェスとか。」

-オズフェスかよ!!いくんか!!

須「まじすか(笑)いかつい」

伊「確かに、音楽の話したときにエヴェネッセンスとかそういうのも聴くとか言ってたもんね。わりとヘヴィなのも聴くんだなぁ、って。」

-前にインタビューしたときも、Mr.BIGとか言ってたしなぁ、そう言えば。意外とハードロックとかも聴くのよね、この子。絶対学生のころとか浮いてたろうなぁ、と(笑)

伊「え、オレ、Mr.BIG好きなんで!Mr.BIGの話しましょうよ!テイクカバーとか(笑)」

-須藤は観に行く側としては、どうなの?

須「ありますよ。Gのyokodoriと一緒に。ただ、観に行く側としても野外はやっぱ無理なんですよ・・・。」

-屋内じゃないと行きたくない!と(笑)

須「行きたくないです(笑)あのージョージっているじゃないですか。」

-ジョージ?なにそれ?

須「つなぎを着ているジョージですよ!」

-え?なに、怖い。分からない。そりゃ居るだろうけど(笑)バンド?

須「いや、なんていうか、音楽評論家?音楽番組の司会者なのかな。その人が幕張で主催してるGGっていう。」

伊「あー、知ってる!」

須「それを観に行って。二日間やってて。二日目にオレの好きなクロマニヨンズとyokodoriが好きだった9mmが出てて。そこで、なぜか二日目に行かないで初日に行った僕たちなんですけど。」

-何故(笑)

須藤「初日にthe band apartが出てて。高校生のころって、バンアパが好きな自分が好きじゃないですか。」

-同意しかねるけども(笑)それ聴いてるオレ、カッコイイ的な?

須藤「好きな女の子がバンアパ好きだったんで。で、バンアパ観たいね、って話になり初日に。で、Baの原さんが入院してキャンセルという。」

-え!!

K「かわいそう(笑)」

-あ、でもさっきの話じゃないけど、逆にその時に、コレを初めて観てハマった!みたいなのはなかったの?

須「The BirthdayとKen Yokoyamaと・・・あとO.A.で出てたDroogとか。」

伊「あ、そういえばThe Birthdayのチバさんと横山健さんって、まぁミッシェル、ハイスタで相当昔からお互いを知っていたけどタイバンしたのってつい最近が初めてらしいですね。」

須「あ、ちょっと話題になってましたね。」

伊「横山さんのコラムにも書いてあって。」

-お客さんにとって発見とか出会いってのもあるけど、フェスってバンド同士の出会いや発見とかもあるよね。結構今回のフェスのタイバンも知ってるバンドも居ると思うけど、本当に絡みがないバンドも居ると思うし。

伊「そうですね。」

-なんか気になってるバンドとか特に居たりする?

伊「うーん、やっぱtwitterやらなにやら良く観るんですけど、vivid undressですかね。最近来てるんじゃないですか?と(笑)」

-お互いの活動って気になるよね。

K「自分らでその実感的なところはまったくないですけどね(笑)誰が言ってるの?っていう」

須「なんかインストアみたいなのやりますよね。日程と時間が・・・」

伊「あ、タワレコの週間チャートで6位とか・・・」

-おまえらストーカーか!

伊「いや、調べなくてもRTとかで目にしちゃうんすよ!じゃオレもRTしようかな?と(笑)」

-やっぱバンド同士意識しあうところはあるよね。NEWScript Festで特に意識してるバンドってある?

伊「そうですね、23日に一緒に出るH”paltyはタイバンもしたことあるし、気になりますね。でも一番は24日に出るFINE MOTIONですね。近いところにいるし、ライバル的なところもあるので。」

-Furphy Amplifierとかは

須「全バンド気になりますね。」

-(笑)全部気になるか。

須「この前、モザイクであった白フェスとかだと18バンドくらい出てるわけで、それも観に行ったんですけど。こっちは一日6バンドって絞ってる分、やっぱりどれも気になっちゃいますよね。」

-vivid undress的には?

K「うーん・・・」

-私ら一番だから他には興味ないと(笑)

K「違いますよ!ただ、本当に女性voが私たちだけなんで、心配ですね。ジャンル的にも大丈夫かな、と」

-ジャンル的には浮かないと思うけどな。急にラウドバンドが出てきたら「うお!」ってなるけど、やっぱりこの二日間に出てくるバンドってメロディってところで集約はされていて。

伊「確かにメロディが強いバンドはめちゃめちゃ多いですよね。」

フリーだからこそプライスレスな空間。その日しかしないプレミアムな空間を作ろうと

-よし、ちょっと箸休め的な話もしておこうかな。まぁそれぞれメロディありきってのは共通してるんだけど、ルーツってやっぱバラバラじゃん?初めて買ったCDって何なのかな?ていうのは聞いてみようかな。

伊「おれはWANDSですね。『恋せよ乙女』という。」

-懐かしい!

伊「で、カップリングが『ありふれた言葉で』なんですけども」

-そこまでは知らん!(笑)

伊「で、次に『時の扉』を買うわけですけども」

-めちゃめちゃWANDSからだな(笑)ビーイング系全盛だったもんね。

伊「そうですね(笑)B’zもそうだし。」

-須藤は?

須「Dragon Ashですね。」

-ちょっと盛ってない?

須「盛りましたね。本当は『だんご三兄弟』です。」

-出た!ミリオンアーティスト!

一同「(笑)」

須「これは世代なんで!自分の意思ではなく親父が買ってくれたものだし」

伊「それを言ったらメディアも自分らのときはカセットとかでしたからね。」

須「あー、なんか戦隊ヒーローもののカセットとか小さいころありましたね。」

-須藤世代でもカセット通ってるんだ?MDすら知らんかと思ってた。

須「MDとか小学生のころとかでしたね。」

-オレの世代とか最初、自主音源とかもテープだもんね、デモテープ。

須「俺らの世代はぎりぎりカセットの音飛びを経験している世代です。」

伊「カセットで再生スピードでチューニング変わっちゃってコピーとかありましたね(笑)」

-今、それないよねー。

須「あ、Dragon Ashの件、捕捉させてもらっていいですか?小学生のころで、日韓W杯で。あれのテーマソングの『Fantasista』で。」

-うん。

須「終わりです。」

-なんなんだよ!(笑)広げる気ないのかよ。

須「だんご三兄弟で終わりたくなかったんで」

伊「だんご三兄弟でも恥ずかしくはないと思うけど(笑)」

-時代を切り取った音楽だしな(笑)買うかって言ったらわかんねぇけど。

伊「でも一回聴いたら覚えるじゃないですか。すごいメロディですよ!」

-Kiilaは何を初めて買ったの?

K「私はBackstreet Boysで」

-あー、かっこよい。

伊「おしゃれだなー!」

-だんご三兄弟からの差が(笑)ではそろそろ、締めようか!NEWScript Festに向けての意気込みってところで!

須「タダより高いものはないってことを教えてやる!」

-うん、まずオレに教えてもらっていいすか?(笑)

一同「(笑)」

須「目当てじゃないバンドを見てるときのお客さんって、まぁ遠巻きに様子みながら観てるじゃないですか。ボコボコにしてやるぞ!と」

K「かっこいいー!」

-急にかっこいい!じゃあKiila!

K「さっき喋ったみたいなフェスの恐怖があるので(笑)よろしくおねがいします!」

伊「大丈夫だとおもうけど(笑)」

K「あんなやつら見てやらねー!みたいに思われてるかも、と(笑)」

-ネガティブすぎ(笑)じゃあ最後伊勢山君締めていただいて!

伊「イベントを通して無料、フリーでは入れるって気軽さはあるから、さっきKiilaが言ってたようなこともあるけど、フリーだからこそプライスレスな空間。その日しかしないプレミアムな空間を作ろうと。俺たちは全力でやるので、全バンドかかってこい!と!!」

-うす!当日はよろしくお願いします!!

一同「よろしくお願いします!」

こうして『NEWScript Fest 2014 』初日出演の3アーティストによる対談インタビューは終始和やかながら、最後にはそれぞれの気持ちを力強く語ってくれた。きっと各々のバンドの活動のベクトルは異なるし、考えも違うかもしれない。音楽に対する向き合い方、ビジョンも様々だ。そのそれぞれが一点で交わるのがフェスだと思う。そこに訪れるオーディエンスもきっと通常のイベントよりも多様だ。だから、良い意味で、このイベントはそれぞれにとっての通過点。バンドにとって、オーディエンスにとって、新しい何かに気づく、今まで知っていた何かを再確認する通過点。それで良いと思う。訪れたすべての人にとって忘れられない通過点になるように。楽しみな2Daysがもう少しでやってくる。期待して待て!