HOME - INTERVIEW - 『NEWScript Fest 2014 review interview -the irony-』

INTERVEW

『NEWScript Fest 2014 review interview -the irony-』

UPDATE : 2014/09/12

今回は先日下北沢ReGにて開催されたNEWScript fest. 2日目の大トリを飾ってくれたthe ironyに集まって貰った。 NEWScript festを終え、9/13,14の2日間で開催される自身のレコ発イベント「the ironical fest,」へ向けた思い。ここから更に飛躍していくため彼らが考えることとは…..

『the irony』

Vo.Gt.船津陽史 / Gt.脇屋周平 / Ba.川崎嘉久 / Dr.工藤伊織

今回は先日下北沢ReGにて開催されたNEWScript fest. 2日目の大トリを飾ってくれたthe ironyに集まって貰った。
NEWScript festを終え、9/13,14の2日間で開催される自身のレコ発イベント「the ironical fest,」へ向けた思い。ここから更に飛躍していくため彼らが考えることとは…..

いつも以上にお客さんはもちろんなんだけど、より対バンドというかバンドマンに向けてっていうところへの意識はあったのかなと

-NEWScript fest 2日目のトリを飾ってくれましたthe ironyの皆さんに来てもらいました。
今日はよろしくお願いします!!

一同「よろしくお願いします!!!」

-2日目のトリを飾ってもらったんだけど
NEWScriptとしても初の試みで挑戦でもあったNEWScript festで、まずはやってみた感想というか思ったこと等あれば聞ければなと思います。

川崎「fes形式のライブっていうの自体っていうのは初めてではなかったんですけど、やっぱりNEWScript festっていうにのずっと一緒にやってきた仲間ばかりだったというところで初心に帰るっていうのは感じた日になりましたね。」
伊織「顔はしょっちゅう合わせてたんだけど、こうやって一緒にライブをするのは久しぶりでやっと一緒にやれたなっていうのはあって。」
周平「ReGに出始めた頃からの仲間だしね。」
伊織「全員知り合い状態でしたね。」

-最近では都内、地方関わらずライブも増えてきていると思うんだけど、ライブやるステージの上での心持ちっていうのは?

伊織「いつも以上にお客さんはもちろんなんだけど、より対バンドというかバンドマンに向けてっていうところへの意識はあったのかなと思います。」

川崎「お客さんも含めて対バンの人も見てくれていたし、知った顔が多かったので緊張感はありましたね。」
周平「見られている感がね。」
伊織「ステージ袖にすげー人いたもんね。笑」

-もちろん楽しみつつだったけど、対バンからしたらどんなもんですか感はあったのかもね。

陽史「僕はフロントマンとして2daysのトリとして締めなきゃっていうのは思っていましたね。」

川崎「その日だからこそのライブには出来たのかな?と思います。」

-なるほどね。NEWScriptとしても挑戦の意味もあるイベントだったんだけど、これから規模 も大きくして行きたいと思っているし、一発目としてthe ironyが大トリとして出演してくれてNEWScritptとしても立ち上げからずっと関わっているし嬉しかったです。

伊織「あきちゃんもアンコールで来年もやりますって勝手に言ってたしね。笑」

-じゃあ来年は主催をお願いします!!笑

一同「笑」

自分たちへのハードルのある課した活動っていうのはやらなきゃっていうか、意外と好きというか。笑

-NEWScript festを終えて次は9/13,14の「the ironical fest.」に気持ちは向いているだろうし、NEWScript festとは違って自分らで2日間作るっていうところでいろんな思いがあると思うんだけど、the ironical festっていうのは自分たちの中でどう位置づけているの?

伊織「NEWScript festっていうのはどちらかと言うと下北沢ReGで出会った同期って言えるバンドで
はじめて出来たバンド仲間と作る日だったと思うんですけど、僕らが作るthe ironical festっていうのはもちろんReGで出会ったバンドも出てくれるんですけどそこよりもっと下北沢ReG以外で、ツアー先で出会った先輩、後輩、まあそれ も仲間ですね。もっともっとみんなを巻き込んだ日に出来ればなっていうのはthe ironical festをやろうって言い始めた頃に話していました。」

-それはどれくらいのタイミングで構想始めたの?

伊織「年明けくらいかな?」
川崎「今年の3月にあったワンマンが決まったくらいだったと思います。去年も3ヶ月に一回くらいのペースで「the ironical night」という自主企画イベントをやっていたんですけど。その中で12月に「東京ノスタルジー」っていうミニアルバムを出してツアーに回って、その ファイナルのワンマンライブの「the ironical night」が一区切りだなとは思っていて。「the ironical night」は封印して、その後なにしようかっていうのは話していて。」
伊織「ワンマン後には3ヶ月連続で仲のいいバンドとの合同企画イベントをやったよね。」
川崎「その後になにかでかいことやろうっていうのでフェス感のあるものしかねぇ!!っていう話になって、僕らも自分たちへのハードルのある課した活動っていうのはやらなきゃっていうか、意外と好きというか。笑」

-基本的にドMだよね!!笑

川崎「そうなのかもしれないですね。笑 でもやる価値はあると思いますね。」
周平「それをReGでやるっていうのに意味があるなと思います。俺らでしか出来ないことっていう。」

-挑戦だよね。俺としてはいままでここで誰もやったことのないことだし、the ironyが第一人者になって先陣切って出て行っているなと思うし、2日間総勢20バンドっていうのはなかなか大変なことだしね。
そこにさっき行っていた先輩、後輩、仲間っていうのは声をかける基準みたいなのってなんかあったのかな?

周平「単純に俺らのホームである下北沢ReGで見てみたいっていうのや、とにかく仲いいから一緒にやりたいっていうところですかね。」

川崎「あと、今回だと1日目に「ghostnote」「アオイハル」や2日目には「DOOKIE FESTA」「NUMBER VOGEL」「ポラロイズ」とかゲストのようなつもりで声をかけさせて貰って。あまりReGでやっていないバンドだし、来てくれる方はもちろん楽しんでも らえると思うし、他の出演バンドにもいい刺激になればなっていうのは思いますね。新しい風になればと。」

周平「伊織がthe ironyに入って俺らが本格的に活動し始めて2年くらいなんですけど、その2年間でたくさん仲間も出来てその集大成じゃないけどここまで来ましたっていう意味も作れればなと思います。」

ツアーが終わって振り返ったときに俺ら4人なりの軌跡が出来ればいいなと

-そうやって周りを巻き込んで行くって言うのは新しい風になると思うし大事なことだよね。本当に面白いイベントだと思うしNEWScriptとしても楽しみにしています!!
the ironical festの後も今後のthe ironyの展望も話せる範囲でいいので聞かせてもらえるかな?

伊織「the ironical festが「軌跡」というCDのレコ発イベントなんですけど、それを皮切りに「軌跡」を持って年内はツアーを回ります。ツアースケジュールも解禁されてい る日もあって未解禁のイベントもあるのでチェックしてみて欲しいです!!あと最近タイアップも決まったり。」

川崎「僕らの「ヒカリ」という曲があって、それが10/25発売の「どっちもどっち」という漫画の実写化された映像作品の主題歌に決まりまして。僕らもそういうのは初めてなので素直に嬉しいですね。」

-おー!!!おめでとう!!楽しみだね!やっぱりthe ironyの音楽が着々と認められて広がってるよね。更にそれを全国に知らしめに行くのがツアーだと思うんだけど、ツアーに向けての意気込みとかってどう?

陽史「今回出す音源が「軌跡」っていうタイトルで、僕ら4人でまたツアーに出てたくさんの人にまた出会うと思うし、いろんなものを見て刺激を貰えると思うし、ツアーが終わって振り返ったときに俺ら4人なりの軌跡が出来ればいいなと思いますね。」

川崎「今回のツアーは自分たちだけじゃなくて仲の良いバンドと回ることが多くて、切磋琢磨して行ければと思うし新しいバンドにも出会いも楽しみですね。」

-ツアー後また大きくなったthe ironyが楽しみだね!今回はMVはとったりしないの?

伊織「それも準備しています!!今回のCDが「軌跡」というタイトルで、それの映像作品をレコ発の the ironical festからのツアーを通して作ろうと思っています。行く先々で映像を撮りためて、ツアー先で出会ったお客さんにも歌詞カードを持ってもらって一緒に歌っ たりして、このツアーでしか出来ないロードムービー的なものが出来ればいいなと思っています。」

-それはいつ公開予定なの?

伊織「現段階ではツアーのファイナルに公開できればなと思っています。お客さんや出会うであろうバンドさんと一緒に作れればないいですね。」

-ツアーを通じていろんな人の目に触れて一回り大きくなったthe ironyをNEWScriptも楽しみにしています!!
では最後にツアーへの意気込みとこれを見てくれているみんなにメッセージも込めて一言ずつお願いします!

周平「えー、とにかく怪我とか事故がないようにお体に気をつけて…」

一同「笑」

-えっ!!そこなの!!笑 さすが!!優しさを欠かさない!笑

川崎「優しいなーーー。笑」

-はい。伊織くん。

伊織「新しい音源を持って出る旅になるんですけど、なによりそれを手に取って欲しいです。歌詞もあきちゃんと大分話してこだわったんです。自分が今まで辿ってきたこと。これからこの4人で辿って行くこと。っていうことをすごく考えたりして、きっとみん なもふとそういうこと考えることがあると思うんです。そういう時に聞いて欲しい曲になっていると思うので、とにかくCDを手に取って歌詞カード見ながら音 源聞いて欲しいなと思っています!!」

川崎「自分らはもちろんみんなが楽しめるツアーにしたいですね。初めて行く土地もあるし、とにかく新しい出会いっていうのが楽しみです!ツアーが終わったときにたくさん仲間が出来たなと思えるツアーにしたいです。」

陽史「今回出した音源は個人的には2曲とも応援歌になっていると思っているんです。たぶんツアー先で大変なこともあると思うんですけど、そのツアー中に僕自身も自分たちの曲に助けられることがあるんだろうなって思うんです。今the ironyを知ってくれてて応援してくれているお客さんにはまたthe ironyの一歩踏み込んだところを知ってもらえる楽曲だと思うんで楽しみにしていて欲しいです。
新しい土地にも行くし、初めましてもたくさんあると思います。the ironyの音楽をみんなにどんな風に響くのか楽しみだけど不安もあったりして、けどやっぱり楽しみなんです。ツアー先でこれから出会う人はこのインタ ビューを見ていないかもしれないけど出会えるのが楽しみです。」

     

NEWScript Fest2014のトリを飾ったthe ironyのインタビューを終えて、彼らの中でNEWScript Fest2014が、ここからの軌跡を描くための良い意味での『通過点』になったことを感じた。
通過点は走り続けているバンドにしか存在しない。the ironyにはまだまだ『到達点』は存在しない。通過点の連続だ。その中で彼らのレコ初でもあるthe ironical fest.はより彼らの活動を加速させる通過点になるだろう。
名実共にNEWScript発のギターロックとして、各地で話題を振りまいている彼らが全国区で暴れる日もそう遠くなさそうだ。

 

09.13 Release「軌跡」01.軌跡02.アンバランス03.軌跡 (instrumental)04.アンバランス (instrumental)

ライブ会場限定販売  ¥500-(tax in)

https://www.youtube.com/watch?v=nuevZEPYMlk

9/13()/14()the irony presents「軌跡」Release Eventthe ironical fest.

会場:下北沢ReG       open.13:00/start.14:00

adv.¥2000/day.¥2500(1D)通し券.¥3000(両日1D)

通し券はthe irony HPのみの受付です。

出演:9/13()アオイハル / TAKE COVER / Good-bye,Lilly / 屋根の上のルーニー / NANOSCALE / Hip Bean Sprout / Furpfy Amplifier / CLOD/ +1Band

9/14()DOOKIE FESTA / NUMBER VOGEL / ポラロイズ / LILY / GLAMSLUM / KAKASHI / STUFFiNG BOX / Peafowl / パラダイムオーケストラ

-HP-http://ironical.wix.com/theirony

-Twitter-https://twitter.com/the_irony_Twi

-facebook-https://www.facebook.com/pages/the-ir…

-audioleaf-http://www.audioleaf.com/artistarea

the irony ライブスケジュール

9/13()@下北沢ReG

9/14()@下北沢ReG

9/19()@横浜BAYSIS

9/22()@渋谷CRAWL

9/25()@千葉サウンドストリームサクラ

9/28()@仙台PARK SQUARE

10/22()@下北沢ReG

10/29()@横浜BAYSIS

10/31()@TSUTAYA O-Crest

11/1()@専修大学学園祭

11/9()@HEAVEN’S ROCK utsunomiya VJ-2

11/14()@新宿Marble

11/15()@新潟GOLDENPIGS BLACK STAGE

11/23()@岡山倉敷REDBOX

and more…!!